ぶどう(巨峰)の摘粒作業

摘粒作業前
摘粒作業前

摘粒作業後
摘粒作業後

ぶどうの摘粒作業とは、写真のように手やハサミ等でぶどうの実を取り除き、一房あたりの粒の数を少なく調整する作業のことを言います。一粒が大きく膨らむように房の形を考えながら粒を減らしていきます。巨峰で一房30〜35粒、ロザリオビアンコで一房45〜50粒ぐらいがベスト。一房あたりの粒の数を少なく調整することでさらに甘いぶどうに仕上げる狙いもあります。
ぶどう栽培の年間作業ページ

ぶどう狩り&ぶどう販売 坂上ぶどう園のトップページ




「ぶどう狩り&ぶどう販売」
坂上ぶどう園

坂上ぶどう園
〒957-0123 新潟県北蒲原郡聖籠町二本松1057-2
TEL 0254-27-3125 / FAX 0254-27-8709

お問い合わせメールフォーム