ジベレリン処理


種無し巨峰
種無し巨峰
シャインマスカット(種無し)
シャインマスカット(種無し)

数年前までは、8分咲き〜満開がジベレリン処理の適期とされていましたが、現在では、満開1〜3日後位がジベレリン処理の適期と言われています。理由として、満開前の処理ではショットベリー(小粒果)の混入が多くなる玉張りが悪くなる房形が変形しやすい等の理由があげられます。しかし、ジベレリン処理の時期を遅らせると以上のような欠点は克服できますが、逆に種が混入しやすくなる欠点があります。そこで使用するのがストマイ剤(アグレプト液剤)です。ストマイ剤(アグレプト液剤)には、種無し化を促進する働きがありますので、周りに種あり栽培のぶどうがなければ事前にスピードスプレイヤー等で散布することにより種無し化を促進することができます。
※ちなみに当園では、ジベレリン液に混入する方法で行います。

ほぼ満開の状態
ほぼ満開の状態

満開をやや過ぎた状態(満開1〜2日後)
満開をやや過ぎた状態(満開1〜2日後)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、キャップがすべて取れ、花かすが落ちて粒がしっかりしてきた頃がジベレリン処理の適期になります。
※ちなみに当園では、1回目のジベレリン処理を満開3〜5日後位に行っています。通常よりやや遅くジベレリン処理を行う理由としては、着粒が抑えられ、その後の摘粒作業がしやすい点と玉張りがいいという点です。ぜひ、ご参考下さい。

使用薬剤(アグレプト液剤・フルメット液剤・ジベラ錠)
アグレプト液剤・フルメット液剤・ジベラ錠

ジベレリン濃度25ppmで処理しますので、水1リットルに対してジベラ錠1個で処理液を作ります。ストマイ剤(アグレプト液剤)は、1ppm(水1リットルに対して1cc)混入します。フルメット液剤は、果粒肥大着粒増加の目的のため5〜10ppm(水1リットルに対して5〜10cc)混入します。以上3種類の薬剤を適正な濃度で混合してジベレリン処理を行います。
※ちなみに当園では、巨峰系の4倍体品種には、フルメット液剤を使用しないケースもあります。その理由としては、巨峰系4倍体品種は、もともと粒が大きいので過度に大きくする必要がないという点と着色が悪くなるという点で使用しないケースの方が多いです。ただし、あくまでも1回処理にする場合は、当然、フルメット液剤を使用します。ご参考下さい。
ぶどう栽培の年間作業ページ

ぶどう狩り&ぶどう販売 坂上ぶどう園のトップページ




「ぶどう狩り&ぶどう販売」
坂上ぶどう園

坂上ぶどう園
〒957-0123 新潟県北蒲原郡聖籠町二本松1057-2
TEL 0254-27-3125 / FAX 0254-27-8709

お問い合わせメールフォーム